外科(消化器外科)・肛門外科

 

当科の特色

①大腸癌・胃癌などの検診・精密検査・手術・抗がん剤・緩和ケアを行っています

②手術は傷が小さくて痛みの少ない腹腔鏡手術を基本術式としています

③肛門外科では切らずに治す痔核治療(ジオン注射療法)を導入しています

④腹部救急疾患(急性虫垂炎(盲腸)、胆石症、腸閉塞など)の緊急手術に対応します

⑤鼠径ヘルニア(脱腸)、痔などは短期滞在手術(1泊2日)を行っています

 

外科治療(処置や手術)が治療の中心となりますが、患者さんの病気の一部を切り取るだけではなく、患者さんの抱えるすべての問題に対して総合的にアプローチしています。



対象疾患 

① 消化器癌(大腸癌・胃癌など)

当院は内科、外科それぞれに消化器病専門医、がん治療認定医が在籍しており、連携して診療を行っております。腫瘍内科や血管内治療科といった専門外来も開設し、高い水準の治療を身近に素早く実施できる体制を整えております。

>

早期癌について

大腸癌や胃癌は、早期に発見すれば治癒する可能性が高い病気です。しかし、早期には腹痛や下血などの自覚症状がみられないことも多く、自覚症状が現れた時にはすでに癌が進行していることも少なくありません。したがって、無症状のうちに検診を受け、早期に癌を発見し適切な治療を受けることが大切です。当院では 検診から精密検査(消化管内視鏡検査、CT検査、超音波検査)、手術に至るまで迅速に実施することが可能です。手術は傷が小さく体への負担の少ない 腹腔鏡手術を行っております。患者さんの状態にもよりますが、入院期間は大腸癌や胃癌で約10日前後です。

進行癌について

消化器癌が進行すると食欲低下や体重減少、腹痛、消化管出血などの症状が出現してきます。進行癌の治療は患者さんの状態に合わせて、 外科的治療(手術)、薬物治療(抗がん剤)、放射線治療、緩和治療をうまく組み合わせていくことが大切です。当院では進行癌に対する根治手術や症状を緩和するための手術(緩和手術)も行っておりますし、腫瘍内科や血管内治療科といった専門外来も開設しておりますので、 遠方の病院へ通わずとも身近に安心して消化器癌治療を受けていただけます。地域に根差した病院として、患者さんやご家族に寄り添いながら、きめ細やかな治療を行うことを心掛けております。


② 肛門疾患

日本人の 3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。しかし、おしりを見せることや病気そのものに対する不安感などから「肛門科」を受診しにくい患者さんもおられるかと思います。当科では 大腸肛門病専門医が診察を行いますが、「内科」「外科」「消化器外科」といった一般外来の中で診察を行っておりますので、 「肛門科」受診とは気づかれずに受診が可能です。女性の診察時には、女性看護師が必ず立ち会いますので安心して受診してください。 痔核に対するジオン注射療法も取り入れており、長年の軟膏処置から解放された患者さんからは「もっと早く来院しておけばよかった」と好評を頂いております。月曜、木曜は夜間(17:30~19:30)も診察しておりますので仕事などでお忙しい方も受診が可能です。痔の手術は一部術式を除いて 短期滞在手術(1泊2日)を行っております。


痔について

痔には3つのタイプの痔(いぼ痔、きれ痔、あな痔)があります

当院では痔核に対するジオン注射をはじめとして、いずれのタイプの痔に対しても肛門機能へのダメージの少ない治療を優先して行っております。



※治療費用の目安(当院は保険診療を行っております。金額は3割負担時の概算です)

・ジオン注射療法:約20000円

・痔瘻根治術:約25000円

詳細につきましては当院医事課へお問い合わせください。

③ 腹部救急疾患(急性虫垂炎(盲腸)、胆嚢炎、腸閉塞など)

「お腹が痛い」と感じたら、迷わず当院を受診して下さい。エコー、CT検査等の画像診断を駆使して迅速に診断、手術適応を判断します。緊急手術にも対応しております。


急性虫垂炎(盲腸)について

虫垂は大腸の始まりにある太さ約4-5mm、長さ約5-8cmの臓器です。

虫垂が化膿し腫れた状態のことを急性虫垂炎と呼び、一般に「盲腸」とよばれています。

急性虫垂炎をきたす原因はよくわかっていませんが、虫垂内腔が閉塞し、閉塞状態が続くことで虫垂に炎症をおこすとされています。「胃が痛い」「便がでにくい」「おなかが張る」といった症状(虫垂内腔の閉塞に伴う症状)から始まり、時間の経過とともに右下腹部へ痛みが移動する(虫垂の炎症による症状)ことが特徴的です。重症化すると穿孔し(虫垂に穴があき)、腹膜炎をきたす場合があり注意が必要です。治療は外科手術が基本であり、入院期間は約4日間です(腹腔鏡下虫垂切除術の場合)。軽症の場合は薬物療法(いわゆる“薬で散らす”)を選択することもありますが、治療効果が得られない可能性があること、症状が改善したとしても、虫垂炎が再発・再燃する可能性が常にある(再発率は20-40%程度といわれています)ことに注意が必要です。過去に急性虫垂炎に対して薬物療法を行った方の一部に、「胃が痛い」「便がでにくい」といった症状が慢性的に持続することがあり(「慢性虫垂炎」といいます)、外科的切除を行うことで症状が軽快することもしばしばみられます。


④ 一般外科(鼠径ヘルニア(脱腸)や胆石症など)

鼠径ヘルニア(脱腸)について

足の付け根の腹壁が弱くなり、腸などがでて膨らむ病気です(脱腸ともいわれます)

腸が出続けると嵌頓(かんとん)といって腸が壊死し、緊急手術が必要になる場合もありますので、鼠径ヘルニアかなと思ったら早めに当院を受診してください。

治療は手術以外に方法はなく、臍と左右の2か所に小さな孔をあけ弱くなった腹壁にメッシュを挿入して固定します (腹腔鏡手術)。従来の手術にくらべ傷も小さく、痛みも少ないと好評です。



治療実績

手術件数 237件(2019/1/1~2019/12/31)

  全身麻酔手術件数 170件

  腹腔鏡下手術件数 141件


【疾患別件数】

  大腸癌 23件 胃癌7件

  急性虫垂炎54件 胆石症・胆嚢炎48件 腸閉塞 8件

  ヘルニア31件 肛門疾患 19件


【術式別件数】  ()内は開腹手術

スタッフ紹介

  • 今川 敦夫

    今川 敦夫外科医師

    1. 平成17年 大阪市立大学医学部卒業
    2. 日本外科学会専門医
    3. 日本消化器外科学会指導医
    4. 日本消化器外科学会専門医
    5. 消化器がん外科治療認定医
    6. 日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医
    7. 日本消化器病学会専門医
    8. 日本大腸肛門病学会専門医
    9. 日本腹部救急医学会評議員
    10. 日本腹部救急医学会腹部救急認定医
    11. 日本静脈経腸栄養学会認定TNTドクター
    12. 身体障害者指定医(ぼうこう又は直腸機能障害・小腸機能障害)
    13. 難病指定医
    14. 厚生労働省緩和ケア研修修了

NCD登録について

当院は一般社団法人 National Clinical Database(NCD)のデータベース事業に参加しております。NCDに登録されたデータは、医療の現状把握、および患者様への適切な医療提供のために利用されます。一般社団法人 National Clinical Database(NCD)についてはホームページをご覧ください。NCDホームページ