外科

 

当科の特色

■ 「けが」から「がん」まで、幅広く対応 

■ 親切丁寧な医療を心がけています 

■ 腹腔鏡手術を基本術式としております

 

外科治療(処置や手術)が治療の中心となりますが、患者さんの病気の一部を切り取るだけでなく、患者さんの抱えるすべての問題に対して、総合的にアプローチしています。

 

対象疾患

  ① 消化器癌(大腸癌、胃癌など)
  ② 腹部救急疾患(急性虫垂炎、腸閉塞、消化管穿孔など)
  ③ 肛門疾患(いわゆる「ぢ」)
  ④ 一般外科(そけいヘルニア(脱腸)、胆石症、外傷、熱傷等)

① 消化器癌

大腸癌、胃癌などの消化器癌に対して、手術から抗がん剤治療、緩和ケアに至るまで一貫して治療を行います。内科、外科それぞれに消化器病専門医、がん治療認定医が在籍しており、連携して診療を行っております。さらに、腫瘍内科や血管内治療科といった専門科もありますので、安心して治療を受けて頂けます。手術につきましては、早期癌には腹腔鏡下手術を基本とし、進行癌に対しては病状に応じて適切な術式を選択しております。

 

② 腹部救急疾患

「お腹が痛い」と感じたら、迷わず当院を受診して下さい。エコー、CT検査等の画像診断を駆使して迅速に診断、手術適応を判断します。緊急手術にも対応しております。

 

③ 肛門疾患

 通称、「いぼ痔」「切れ痔」「じろう(痔瘻)」と呼ばれる病気が代表的です。当院では、切らずに治す治療を基本として行っております。特に、いぼ痔(内痔核)に対しては、注射で治す日帰り治療(ジオン療法)を積極的に行っています。いぼ痔の薬を長期間使用されている患者さんより、「薬から解放された」と好評を頂いております。大腸肛門病専門医が詳しく、丁寧に説明・治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。ジオン療法について詳しくはこちら

④ 一般外科

そけいヘルニア(いわゆる「脱腸」)、胆石症といった腹部良性疾患に対しても腹腔鏡手術を基本術式としております。外傷や熱傷については応急処置を行います(必要に応じて専門科への紹介致します。)

 

治療実績

2017年は年間155例の手術を施行しました
(外来手術は除く)

スタッフ紹介

  • 今川 敦夫

    今川 敦夫外科医師

    1. 平成17年 大阪市立大学医学部卒業
    2. 日本外科学会専門医
    3. 日本消化器外科学会専門医
    4. 消化器がん外科治療認定医
    5. 日本消化器病学会専門医
    6. 日本大腸肛門病学会専門医
    7. 日本腹部救急医学会評議員
    8. 日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医
    9. 身体障害者指定医(ぼうこう又は直腸機能障害・小腸機能障害)
    10. 日本静脈経腸栄養学会認定TNTドクター
    11. 厚生労働省緩和ケア研修修了

NCD登録について

当院は一般社団法人 National Clinical Database(NCD)のデータベース事業に参加しております。NCDに登録されたデータは、医療の現状把握、および患者様への適切な医療提供のために利用されます。一般社団法人 National Clinical Database(NCD)についてはホームページをご覧ください。NCDホームページ