血管内治療科

IRとは?

  • あまりなじみのない表現ですが、日本では「画像下治療」とされます。
  • 血管造影装置、CTやMRI、超音波装置などの画像診断装置を使用して侵襲の低い診断や治療を行います。
  • その主体となるのは体中に張り巡らされた動脈や静脈の中にカテーテルを通して行う診断や治療です。
  • 特にがんの治療におけるカテーテル治療は、手術・化学療法・放射線治療に次ぐ第4の治療として世界中の注目を集めています。
  • 田中病院では最新のCT一体型血管造影装置とMRIを導入し、標準療法をできるだけ安全に行い、また当院でしかできない最新の診断、治療を提供してまいります。

主な適用

肝胆膵領域腫瘍に対する診断・治療

  • 動脈造影CT
  • 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法・肝動注療法
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法
  • 肝内胆管癌・転移性肝癌に対する肝動注療法
  • 膵癌に対する肝動注療法

門脈圧亢進症に対する治療

  • バルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術

肺癌に対する治療

  • 肺動注療法

その他

  • 緊急止血術
  • 組織生検・腫瘍生検
  • 経皮的ドレナージ術
  • 血管形成術
  • 腎静脈採血
  • 下大静脈フィルター留置術

担当医師

寺嶋 千貴

  • 2001年 神戸大学医学部卒業
  • 兵庫県立粒子線医療センター 放射線科長
  • 放射線治療、粒子線治療、肝胆膵領域のIR
  • 日本医学放射線学会専門医(放射線治療)
  • 日本癌治療認定医機構認定医
  • 医学博士