2017/08/28

症状別

腹痛

お腹が痛い場合、「いつから、どのように、どの場所が痛むのか?」、といった問診が重要です。突然痛みが発症した場合は、「つまる、ねじれる、裂ける、破れる」といった病気を中心に考えていく事になります。中には重症の事もあり、突然発症の腹痛には十分に気を付けて下さい。尿管結石や胆石症、腸閉塞などがよくある原因です。 当院を受診される中では、腹痛の原因として、感染性胃腸炎、胃・十二指腸潰瘍、急性虫垂炎、胆石症、膵炎、腸閉塞、尿管結石などが多く見受けられます。 その他、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群が非常に増加しています。いずれも、精神的ストレスなどと強く関係する疾患です。診断および治療には、多少の経験が必要となります。 よくある病気で注意して頂きたいのは、虫垂炎と胃・十二指腸潰瘍です。女性特有の病気の中では、子宮外妊娠と卵巣茎捻転、卵巣出血です。いずれも、早期に発見し対処できれば、怖くない病気ですので、早めの受診して下さい。